新車と中古車で査定額が変わる|クルマ売る場合の違いとは

新車か中古車による違いとは!

クルマ売る,車売る

新車なのか中古車なのか!その違いについては、私たちは想像する以上に大きいと考えた方が良いでしょう!

 

車売る際には、ぱっと見たところで気づかないかもしれないですが、
実際に一括査定を利用してみると、この違いによって最終的な査定額が異なってくると言っても良いです。

 

ここでは、新車か中古車なのかの違いとは、一体どういうことなのかについて考察してみたいと思います。

新車と中古車の線引は?

どんな車であっても、新車もしくは中古車のどちらかに分類されることになります。

 

どちらのタイプに分類されるかについては、業者によって異なってきますが、
一般的な考え方では少しでも車に乗ったら、その車は中古車として扱われることになります。

 

たとえ100メートルのみの運転だとしても、その車は新車として扱われることはないのです。

 

もちろん、これよりも運転すれば中古車扱いになるのは言うまでもないですが、
このルールについてはきちんと押さえておくことが大切になります。

新車同様の中古車もある!

また、新車とは言えないが、状態がほとんど新車に近い場合は、新車同様という扱いを受けることになります。
この場合は、一般的な使い古した中古車に比べると、査定額が高くなることも多々あります。

 

このような査定のポイントを押さえておくと、自分側が車売る際に、
どのようなランクで査定されるのか、予め知っておくことができます。

 

もし新車や中古車の違いのことで気になるならば、前もって業者の担当者に連絡をして聞いてみると良いでしょう。

 

↓↓高く売りたいならまずは現在査定額を知る↓↓

carview

>>クルマ売る前に現状の査定額を比較するなら<<


>>クルマを高く売るために一括査定サイトを効率的に利用する方法はこちらから<<